どこからが対象となる?

海外旅行保険の補償が受けられる条件は、対面でもインターネットでの契約でも、自宅を出発してから帰宅するまでの間です。イメージ的に、海外の地に降り立った瞬間に保険が適応される印象を受けてしまいますが、自宅出発時に疾病やけがをしても補償されるのです。

保険のありがたさ

飛行機とカバン

滞在日数を考慮すべし

海外旅行保険は、滞在日数に上限が設けられています。大抵の旅行保険は3カ月までのものが多いです。それ以上の滞在を予定している場合、留学やワーキングホリデー用の保険を検討するのはいかがでしょうか。これらは、3カ月以上の期間、海外滞在中の補償をしてくれます。

クレジットカードがあれば便利

実は、海外旅行保険はクレジットカードを利用すれば旅行当日の加入が可能。会社の中には、クレジットカードとワンセットで保険商品を販売しています。ただし、加入する前に保険料はいくらなのか上限金額を事前に把握した方が良いです。

保証対象外のケースを確認

仮に、海外旅行先が政治的に不安定なところ、戦争が起きる可能性がある地域だった場合、海外旅行保険の補償が受けられない可能性が高いです。後遺症が残るほどのケガを負ってしまった場合は、全部自己責任になるので、加入前に補償内容を細かく確認してください。

内容がカスタマイズ出来る

海外旅行会社の中には、旅行計画に応じて適切な補償内容にカスタマイズできます。渡航先の地域柄にぴったりな内容に組み替えれば、旅行中の安心感が増すのは確かです。ぴったりな補償内容に設定するために、旅行先の土地柄や頻発するトラブルをチェックした上で、ぴったりだと思える補償内容を選ぶのが望ましいです。

近場だからと油断しない!

旅行先がアジアと言った近い場所だから、海外旅行保険は必要ないと感じてしまう人も中にはいます。しかし、その油断が大敵で、旅行の移動による疲労、気候・食事が合わず体調を著しく悪くしてしまうことも考えられるので、近場でも入っておくべきです。

広告募集中